面接を受ける際に注意すること

面接を受ける際に注意すること

面接ではNGワードに気をつけて答える

コミュニケーションの手段として会話があります。初対面の人と話をするときは緊張をしますから、言葉などをきちんと選んで話すこともあります。そのうち相手のことがわかってくると少しずつ緊張がほぐれてくることがあります。緊張のほぐれはコミュニケーションをとりやすくなる手段ですが、更にほぐれやすくなってくると問題が出てくることがあります。

就職の時には面接があります。採用担当者と応募者が実際に顔を合わせ話をする場です。基本的には採用者がどんどん質問をしてそれに応募者が答える形で進められます。最初は緊張した中で行われますが、採用担当者は本音を聞きたいので話しやすくなるようにしてくれます。笑顔を見せながら話ができるようになると印象が好くなることもあります。

話しやすくしてくれているときでも適度に緊張感を保つことができればいいですが、このときにちょっと油断をしてしまう場合があります。そうなると出る可能性があるのがNGワードです。この場では使ってはいけないとされる言葉です。これを知らないとつい出してしまうことがあります。担当者の曇った顔を見てからでは遅いです。緊張感を持っていれば出すことはないでしょうが、出さないように意識することも必要です。