面接を受ける際に注意すること

面接を受ける際に注意すること

就職と転職の面接の違い

新卒で就職をする時の面接と転職での面接では違いがあります。面接の形式は同様ですが、起業が必要としている人材が異なります。新卒の場合は就業経験がないので、将来的なポテンシャルを見て判断をすることになります。学生時代にどのような学業に励んだか、やる気の高さや志望する理由などが評価されます。企業は新卒の学生に対し、将来的に戦力となれるか判断をするのは大変なことで、選考プロセスが長くなり面接回数も多くなる傾向です。そのため、面接対策としてどのような答え方をするのかが重要になってきます。実務経験がない学生にとっては、面接でいかに意欲を表現できるか、企業から優秀な人材と思われるかがカギとなります。

転職の場合は即戦力を求められます。今までの経歴から条件を満たしているか、実績がどうか評価されます。面接対策では今までの経験からアピールを積極的に行うことです。今までやってきたことに対して自信を持ち、他の人よりも秀でている部分を強調します。過去の実績から評価の高かった部分を示してアピールにつなげます。中途採用では求められる条件がある程度決まっているので、企業が何を求めているのか察知し、自分のよさを表現するようにします。