面接を受ける際に注意すること

面接を受ける際に注意すること

面接態度は応募者の性格や特徴が現れてしまいます。

面接態度は応募者の性格や特徴が現れてしまいます。就職、転職段階には考え方として面接まで行って初めて入り口に入ったと考えます。書類選考は履歴書や職務経歴書で判断される机上の思考ですから、せいぜい顔写真で応募者の風貌を掴もうとします。高学歴だからと言って、すぐ採用が決まる保障がない時代だと考えると少しは気分も晴れます。だから書類選考で落ちてもめげないで、次々に応募します。そしてやっと面接まで行きついたらご対面ですから緊張して当然です。フレッシュ感覚が求人側の隠れたニーズだったら、あまりにも面接慣れし過ぎていると、そういう世間ずれ感覚は好まれないです。通常、言葉はハキハキ、相手の目を見て、よそ見せず質問に答える事が一般的マニュアルみたいになっています。

目線の落ち着きがない人物は、神経質で落ち着きがない性格と判断されがちです。しっかりした人物は独特の安定感がありますから、仕事上の責任は当然背負えると考えられます。面接官にもよりますが、緊張をほぐすために気安さで親しみやすい雰囲気を創って、本音を聞きだす状態にしたりします。性格は履歴書では分かりませんから、どのような人物か見てきます。面接官は人を見る目が人材確保になるため、他社の面接官と競合します。人を見る目は経験則から養われますから、仕事上、多くの人と関わったり世話したりして自然と相手の性格などを判断します。だから面接官によって判断力が違ってきて当然です。人の良いところを見抜く目は、悪いところを見抜く目と同時に相克しています。