面接を受ける際に注意すること

面接を受ける際に注意すること

面接を受ける時の留意点

仕事に就く際に避けては通れないのが面接です。面接は勿論のことですがその人となりを確認する時間です。必ずと言って聞かれる質問の一つに、何故この会社に応募したのか、あるいは何故この仕事をしようと考えたのかという理由を尋ねられます。ここでしっかりと具体的なことが言えるのかが非常に重要になってきます。もし格好いいことが言えなくても曖昧に応えるよりはハッキリと答えた方が相手に良い印象与えることができるでしょう。例えば、勤務体系が自分の生活スタイルと非常にマッチしていたから等でも構いません。要するに、聞き手側がなるほどと思うような回答をすることが重要です。

当然のことながら予測される質問に関しては焦らないように回答を用意して面接に臨んだほうがいいでしょう。しかしあなたの面接の回答よりも、あなたの人となりや人格だけを見ていると言う面接官も中にはいます。責任感はありそうか、清潔感はあるのか、周りの人たちと協力的に物事を進められるタイプなのか、そしてしっかりと会話のキャッチボールができるのか等を様々な質問を投げかけて確認をしています。時にはとても困るような質問をしてくる面接官もいるかもしれません。それは突然のトラブルにこの人ならどう対応するのだろうという事を確認したいがために、わざと困る質問をしているかもしれません。

しかしそんな時でもあせらず、相手が何を求めているのかを落ち着いて考え、その場にあった回答をしていけば面接も成功するでしょう。